接触確認アプリCOCOAの気になる通信方法と通信費について解説 | Manabikata app

47_cocoa 医療

接触確認アプリCOCOAの気になる通信方法と通信費について解説

新型コロナウイルスの感染拡大防止のために厚生労働省がインストールを促している「COCOA」アプリはブルートゥースで人々の接触を管理しています。つまり常時通信しているような状態にあるということです。そのことから通信費が気になってしまう人もいるのではないでしょうか。こちらでは「COCOA」アプリの通信方法と通信費について紹介します。

 

接触確認アプリ「COCOA」とは

「COCOA」とは、新型コロナウイルス感染拡大の予防策として厚生労働省が「パーソルプロセス&テクノロジー」へ委託して開発した接触確認アプリです。スマートフォンへインストールし設定することで陽性者との接触を管理できるようになります。

使用方法も老若男女問わず使いやすいように設計されていて安心して使うことができます。基本的にはスマートフォンにインストールして、ブルートゥースをONにしたままで日常生活を送るだけなので使うというよりは、スマートフォンに設定するというような感覚に近いアプリです。

 

 

 

COCOAアプリに使われている近接通信機能(ブルートゥース)とは

「COCOA」アプリで接触を管理するために使われているのは主にブルートゥースが使われています。ブルートゥースが使われていると言われてもわからない人のために少し解説します。

近接通信機能(ブルートゥース)とは、10m以内の距離で通信できる無線通信の規格の1つです。国際標準規格となっているので対応機器であれば国内海外問わず接続可能となっています。

身近な通信方法としてWi-Fi接続と比較してみましょう。

 

通信できる距離 使用する電力 通信スピード
ブルートゥース 狭い かなり少ない 少し遅い
Wi-Fi かなり広い 多い 速い

 

上記のようにWi-Fiと比較するとメリットとデメリットがハッキリと見えてきます。

通信できる距離が狭いので「COCOA」アプリの接触とする条件「1メートル以内の距離に15分以上」の管理に向いていると言えます。

 

 

 

COCOAアプリの通信費について

「COCOA」アプリの通信費はかなり低く設定されています。現在のスマートフォンのキャリア契約であれば問題なく利用することができます。

通信費が必要になるのはスマートフォンに「COCOA」アプリをインストールする時と、「COCOA」アプリが起動している時です。インストールする際の通信に関してはアプリのデータサイズが約152MBなので写真一枚分くらいの低容量となっています。

アプリ利用の通信費はブルートゥースを利用するので、かなり低い設定になっています。

結果として、どちらの通信費に関しても気にすることはない程度ですので、安心して「COCOA」アプリを使いましょう。

 

 

 

COCOAアプリの電池消耗について

「COCOA」アプリはスマートフォンのブルートゥース機能を常にONにしていないと意味がありません。そのためスマートフォンの電池消耗を気にする人も多いと思いますが、実際には電池消耗がかなり効率良く抑えられています。

まずブルートゥース機能で通信しているとWi-Fiで通信しているよりも電池消耗を抑えられます。それだけではなく、普段からブルートゥース機能をONにしているほうが長持ちするということもデータが出ていてわかっています。

電池消耗は問題なく使えますが少しだけ注意点があるので該当していれば対処してください。使っているスマートフォンに「節電モード」や、「省電力モード」といった電池消耗を抑える機能が備わっていて機能をONにしている場合には、「COCOA」アプリに対して影響しないようにしましょう。

「節電モード」や、「省電力モード」がONになっていると、「COCOA」アプリの通信を遮断してしまってスマートフォンに「COCOA」アプリをインストールしている意味がなくなるので、くれぐれも注意してください。

 

COCOAアプリを使ってみた結果、良かったと思うポイント

「COCOA」アプリを使ってみて良かったのは、ブルートゥース機能をONにしていて他のワイヤレスイヤホンなどの機器を問題なく接続できるところです。同じようにブルートゥース機能を使用していると干渉していまいそうに感じますが、「COCOA」アプリと機器の接続は少し違う接続方法になっていて全く干渉せずに使うことができました。

もう1つ良かった点は、スマートフォンに負担を与えないところです。スマートフォンは色んなアプリが裏で動いていたりしていて、アプリ数が増えると負荷がかかってしまいます。「COCOA」アプリはアプリ自体のファイルサイズが軽くて、通信も微量で済むので少し古いスマートフォンを使っていても問題なく利用できるところはありがたいです。

 

アプリのちょっと気になる点(イマイチな点、改善してほしかったり、デメリットを感じるポイントの意味)

「COCOA」アプリのイマイチな点は、使い方のところにブルートゥース機能をON/OFFにする方法が記載されていないところです。「COCOA」アプリは老若男女問わずインストールすることがあるアプリです。高齢者の人が普段使わないブルートゥース機能に触れるとなるので、OSで分けて説明があったほうが安心して使えると思いました。

 

デメリットと感じる点は、ブルートゥース機能をOFFにしてしまうと意味がないところです。これはブルートゥース機能で通信しているので、しょうがないことですが、新型コロナウイルス感染拡大防止のために使うアプリというところを踏まえると、気づかないうちにブルートゥース機能をOFFにしていて接触を管理できていなかったというのは最悪の場合、命に関わってくるので何か対策ができればいいなと感じました。

 

 

読まれている記事

2021/5/25

コロナ接触確認アプリCOCOAの仕組みは?どんな企業が開発した?

新型コロナウイルスの感染拡大を防止する目的として厚生労働省が接触確認アプリの利用を促しています。接触確認アプリCOCOAがどんなアプリなのか正体がわからないのでインストールしたくないという人や、どのように使用すればいいのかわからないといった人も多いです。そんな人のために、ここで接触確認アプリCOCOAがどのようなアプリなのか紹介していきます。   新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」とは 新型コロナウイルスの感染拡大防止のために厚生労働省が国民に利用を促している陽性者との接触を確認できるアプリ ...

続きを読む

2021/5/29

接触確認アプリCOCOAの気になる通信方法と通信費について解説

新型コロナウイルスの感染拡大防止のために厚生労働省がインストールを促している「COCOA」アプリはブルートゥースで人々の接触を管理しています。つまり常時通信しているような状態にあるということです。そのことから通信費が気になってしまう人もいるのではないでしょうか。こちらでは「COCOA」アプリの通信方法と通信費について紹介します。   接触確認アプリ「COCOA」とは 「COCOA」とは、新型コロナウイルス感染拡大の予防策として厚生労働省が「パーソルプロセス&テクノロジー」へ委託して開発した接触確 ...

続きを読む

2021/5/25

接触確認アプリCOCOAは個人情報収集している?実際はどうなの?

新型コロナウイルス感染拡大防止のために厚生労働省が管轄している「COCOA」アプリですが、位置情報を利用したりなどして個人情報を収集しているなんて噂が出ていたりします。たしかにブルートゥース機能を常時ONにしておかなければならなかったりして常に通信することが必要となります。実際にはどうなのか深堀していきましょう。 接触確認アプリ「COCOA」とは 「COCOA」は新型コロナウイルス感染拡大防止のために厚生労働省が開発を委託して作り出した接触確認アプリです。「COCOA」アプリをスマートフォンにインストール ...

続きを読む

2021/6/19

ココア(COCOA)

広告   医療 厚生労働省健康局 iOS 価格:無料 Android 価格:無料   COCOA(ココア)は特定条件下で接触した人が新型コロナウイルス感染症に感染した場合にそのことを知らせてくれるサービスです。アプリを端末に入れている人の情報を記録します。その人物に陽性の診断が下されたと報告された場合、自身に通知が届くだけでなくその後の検査までの対応についてもお知らせしてくれるアプリです。   広告   アプリ概要 ・感染者と接触した可能性がある場合、教えてくれる ...

続きを読む

サイトのご利用にあたって

本サイトの情報は、Google社の利用規約「望ましくないソフトウェアのポリシー」、「広告ネットワークの不正利用」に遵守しております。

 

 

© 2021 Manabikata app